クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > 世界一周&リバー&探検 > もう夢じゃない「世界一周」クルーズ!

もう夢じゃない「世界一周」クルーズ!

約3カ月、約400万円で20カ国をめぐる快適で貴重な体験

最近は「世界一周の航空機チケット」なども販売されて話題になっていますが、世界一周といえば、やはり船の旅です。具体的に世界一周クルーズは約3カ月をかけ、20カ国前後の国をめぐります。すべての客船がいつも行っているわけではなく、世界で約10隻前後の客船がそれぞれ年に一度、1月〜4月の間に出発します。

アクセスしにくいイースター島も世界一周では立ち寄ることが多い。船旅ならではの寄港地
料金は1名約400万円からで、これは1室の客室を大人2名で利用したときの料金になります。この料金には、世界をめぐる移動代、毎日の食事代(朝・昼・夜・夜食やアフタヌーン・ティーなど)、日中のイベントや夜のショー、朝・夜の清掃付きの客室代を含みます。日にちで割ると、1日約4万円〜から。大きな荷物を持って移動し、ホテルに泊まり、外食をすることを考えれば、楽に世界をめぐれる手頃な旅ともいえますね。最近は入出国のセキュリティーも厳しくなってきましたが、多くの国では空港のように税関や入国審査の列に並ぶこともありません。基本的には船側が代理で手続きをしてくれるので、船が港に着いてしばらくすると自由に下船でき、まるで外国を訪ねているような気がしないほどです。


エジプトにももちろん立ち寄る。1カ国ずつ自分でめぐろうと思うと大変な旅だが、客船なら楽ちんに……
世界一周の正式な定義はとくにありませんが、「発着地が同じで一筆書きで地球をめぐること」、「赤道を通過する」、「大西洋と太平洋を横断すること」、「すべての子午線(経線)を通過する」など、いくつか説があります。「ワールド・クルーズ」はきっちりと一周しないクルーズや広域に世界をめぐる場合にも使われ、若干ゆるやかな意味合いがあるようです。

世界一周って毎日海ばかり?! いいえ、コースも過ごし方も自分でアレンジ!


世界一周が必ず立ち寄る港に香港も。買い忘れの日用品などを買い込むことができる
毎日どこかの国に寄港する時もありますが、太平洋横断などで5日間以上どこにも寄らない航海日が続く場合もあります。基本的には早朝、寄港地に着くので、前もって申し込んでおいたツアーに参加して観光したり、自分で港町をぶらりとしたり、過ごし方は自分次第です。ツアー料金は内容にもよりますが、1万〜3万円前後。空きがあれば、船上で申し込むこともできます。ほとんどの港では朝着いて夜出港しますが、イタリアのベニスやロシアのサンクト・ベテルブルグ、香港など見所が多く、人気が高い寄港地は「オーバーナイト」といって、夜も港に停泊し、2日間観光できることもあります。そんなときは1日目をツアーででかけ、土地勘がつかめた2日目は自分で町歩きをしたり、ゆっくりと美術館をめぐるなど、アレンジができます。


健康増進に船上のヨガ教室は大人気
またどこにも寄らない航海日の日は朝から夜まで講演会、ゲーム、映画、ショー、絵画やパソコン、ヨガ教室などの教養講座など盛りだくさんのイベントが船上のあちらこちらで行われているので退屈することはありません。もちろん自分のペースで読書したり、ゆったりとアフタヌーン・ティーを楽しんだりも……。航海日は、忙しい寄港&観光のあとに体を休めることができる貴重な日なのです。

ちなみに世界一周でどこに寄るかは、船によって毎年違います。太平洋横断中のハワイやシンガポールなど主要な寄港地は同じでも、世界一周クルーズに毎年参加するリピーターも多いので、どの船も毎年若干コースを変えます。「今年はアラスカにも立ち寄ります」「世界三大運河を通ります」など、各社それぞれ自慢のコースをアピールしています。そのため世界一周は、船はもちろんコースも考慮して、決めることになります。

いつもの生活スタイルで過ごしたいなら日本の客船で


にっぽん丸の展望浴場。これで1日の疲れも吹き飛ぶ!
世界一周のコースに行ってみたい国が含まれているかどうかも重要ですが、まずは日本船で行くか、外国船で行くかをまず決めなければなりません。日本には3隻の客船があり、毎年4月初旬に世界一周クルーズに出発しています。また毎年3隻とも世界一周をするわけではなく、船によっては年によって行わない場合もあります。


いろんな国での観光も船主催の寄港地ツアーなら日本語でOK!
日本船の魅力はなんといっても、日本食を食べながら、日本語のサービスを受け、大浴場など日本の生活そのままに世界をめぐれることです。約100日間という長い世界旅行を、自分の生活スタイルをあまり変えずに実現できるのは船旅の特権です。ごはんと味噌汁の朝ごはんを食べた後にエジプトのピラミッドに見入り、ヨーロッパでは、スペインの建築について日本語で説明をしてもらう。ツアーから帰ってきたら蒼いカリブ海に浮かびながら大浴場に入り、汗を流す……こんな贅沢な旅はありません。



なんといっても日本船の魅力は日本食。朝は和食・洋食から選べ、夜は洋食・中華・和食の日が。和食の日は多め
また、日本船は日本発着なので荷物は宅配便で船あてに送り、帰国後も宅配便で自宅に送れるのが大きなメリットです。衣装や読みたい本などたくさんの荷物を持ち込みたいときも、また世界をめぐりながらどんなにたくさんお土産を買っても、手ぶらで船に乗り、手ぶらで帰宅できるのは日本船の船旅ならではです。

日本船とはいえども3隻の日本船は船の大きさや雰囲気、サービスの個性なども違います。コースももちろんですが、どの船が自分に合うのか、実際に短めのクルーズに乗ってみて決めるのもいいですね。また日本船の場合は説明会や見学会も行われますので実際に足を運んで、不安なことや疑問を直接聞いたりすることができます。

日本船での世界一周、気をつけたいのはこんなところ!


毎年世界一周を行う飛鳥II。
最近は日本船による世界一周クルーズが大変人気です。コースは2年ほど前に発表され予約受付が行われますので、希望の船や客室を押さえるためにも早めに予約するのがポイントです。またキャンセル待ちでも、キャンセル料がかかり始める頃には空きが出てくることもありますので、あきらめずに待ってみるのも方法です。まずは船会社のホームページをチェックしたり、旅行会社にそれぞれの世界一周のパンフレットをもらって、料金やコースについて調べてみてはいかがでしょうか。

※問い合わせや申し込みは最寄りの旅行会社へどうぞ。

お得に! ゴージャスに! 国際派なら外国船で


3隻中、多い時は3隻が世界一周を行うキュナード社
日本船以外にも毎年5隻前後の外国船が世界一周を行います。発着はイギリスかアメリカ(ニューヨークやロサンゼルスなど)のため、飛行機でそこまで行くことになります。乗客は世界中から集まった人々で、船内の言葉は基本的に英語ですので、ある程度英語力がある方におすすめです。寄港地ツアーも英語による説明になります。ただ、日本人に人気のある客船には、日本人乗客のお世話をしてくれる日本人コーディネーターが乗っており、船内新聞やメニューの翻訳、さまざまな相談に乗ってくれます。また旅行会社によっては添乗員が同乗していて、日本語の寄港地ツアーを設定している場合もあります。

外国客船でうれしいのは、高級なラグジャリー船から落ち着いた船、話題の船などさまざまな船から選べること。そして同じ船でも客室タイプの種類が多く、料金の幅もあることです。例えば、キュナード・ラインの世界一周クルーズは窓なしの内側客室で約190万円からと、日本船よりお得です。ちなみに外国船はほとんどが毎年1月の出発になります。

意外に知られていない外国船で世界一周をする、ある「メリット」


イスタンブールでは思わずトルコ絨毯を買う乗客も。外国船なら現地から信頼できる店で直接日本に送ってもらうほうがいい
一方気を付けたいのは、発着地が日本ではないので、荷物です。国際宅配便で送ることもできますが、料金が高かったり、不安もちょっとあります。私もイギリスの船でイギリスに到着した時はスーツケースが3つ。ホテルまでのタクシーに載せこむのも苦労しました。国際宅配便で送ったものの、とても高かった覚えがあります。

いずれにしても、世界一周はさまざまな国、そしてさまざまな人々、驚くような自然や人間が作った建造物、歴史、文化に出会える貴重な経験です。船でめぐることによって、地球の大きさや天候、地形なども体で体験することができます。時間と予算が許すなら、ぜひ体験してほしい船旅です。

< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ