クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > クルーズのマナー > 夫婦でフォーマルに装い、客船の晴れ舞台へ

夫婦でフォーマルに装い、客船の晴れ舞台へ

「日常」も大切だけれど、時にはおしゃれして「非日常」を夫婦で楽しみませんか。クルーズの旅なら、そんな気持ちにぴったりの舞台があります。パーティーやフォーマルナイトなど、二人でおしゃれして華やかな雰囲気のなか、大人の時間を満喫できるのです。

クルーズではなぜおしゃれをするの?その理由は、意外にシンプル!


音楽が流れ始めると、自然に踊りだす夫婦があちらこちらに。これもドレスアップの効力?
音楽が流れ始めると、自然に踊りだす夫婦があちらこちらに。これもドレスアップの効力?

客船での旅では、夕食前から夜眠るまで、その夜の「ドレスコード」というものが設定されています。基本は「フォーマル」「インフォーマル」「カジュアル」と3つ(会社や船によって呼び方が若干違う場合もあります)。


カジュアルな客船のフォーマルナイト。女性はお気に入りのドレスを、男性はタキシードでなくスーツで。無理をせずに楽しむのが大切
これは、「せっかくの船旅が一日中、『日常』では船内ムードもダレてしまいます。それなら、毎晩の服装スタイルを設定して、皆で楽しみましょう」というのが、ドレスコードがある理由です。船内を盛り上げるための仕掛け、ですから、ぜひ楽しみながら皆と一緒に、雰囲気を演出してみませんか。

とはいえ、毎日がドレスアップの日ではありません。おしゃれに力を入れたいのは「フォーマル」と「インフォーマル」の日。「カジュアル」の日はちょっと力を抜いて、ラフな格好でも構いません。例えば1週間のクルーズなら、フォーマルが2回、インフォーマルが2回、カジュアルが3回などですが、クルーズや客船によって回数やドレスアップの度合いが違います。

ドレスアップすれば、気分華やか & 船上ライフがさらに楽しくなる!


フォーマルナイトの日は美容室も混み合うので、セットを希望なら早めの予約を
さて、「フォーマル」の日は、ぜひ力を入れましょう。夫婦揃ってタキシードにドレスを着る日なんて、なかなかありません。夕方、シャワーを浴び、女性も時間があれば、船上の美容室で髪のセットを(フォーマルの日は美容室も混み合うので、乗船した日にフォーマルの日をチェックして早めに予約を入れましょう)。

久しぶりのタキシードや新しいドレスにちょっと気分が盛り上がってきますね。フォーマル1回目はキャプテン主催のウエルカム・パーティーが行われることが多いので、その会場へ。旦那様はぜひ奥様をかっこよくエスコートしてあげてください。キャプテンが出迎え、一緒に記念撮影ができます。


せっかくのドレスアップ、プロのカメラマンに撮ってもらいましょう!
配られるシャンパンやドリンクをいただきながら、バンド演奏やキャプテンなどの挨拶を聞くという簡単なパーティーですので、緊張することもありません。バンド演奏につられて、ステージで踊り始めるご夫婦が多いのに驚かれるかもしれませんが、昔のステップを覚えているようでしたら、ぜひ参加を。

その後のディナーは、ウエイターもフォーマル用のユニフォームに身を包んで、みなさんをお待ちしています。おいしい食事を楽しい会話と一緒にどうぞ。船の上には専任のカメラマンが乗船しているので、二人のドレスアップしたポートレートを撮る絶好の機会。素敵な笑顔を写真に残していくのもいいですね。

パーティーだけじゃない!お酒、カジノ、ダンス、映画!二人で青春に戻って遊びませんか


シャンパン・タワーは、希望者がどんどんシャンパンをついでいくので、引っ込み思案なご夫婦も気軽に参加できる思い出になるイベント
食後はお二人のお好きな場所へ。バーで食後酒を飲んだり、カジノでちょっぴりエキサイティングなスリルを味わったり、踊り足りないご夫婦はボールルームでダンスをどうぞ。この日はシアターでのショーも力が入ったものが多いのでお勧めです。

陸の上ならレストランで食事をしてもその後はまっすぐ帰宅……というご夫婦も、客船なら寄り道したくなるはずです。船上には大人が楽しめる場所やイベントが夜もたくさんです。どれも気軽に夫婦で楽しめるのが魅力なのです。同じような楽しみ方をしているほかのご夫婦とさりげない会話を交わすうちに、すっかり意気投合する……なんてことがあるのも船旅らしい出会いです。


屋上デッキで星を見ながら、ロマンティックな映画鑑賞
「パーティーやダンスに積極的に参加する勇気がないし」という方もご安心ください。船側では、シャンパン・タワー(高く積み上げたシャンパングラスに皆でシャンパンをついでいくイベント)や、ミッドナイト・ビュッフェ(夜中12時くらいから始まるデザートの祭典)など、顔を出すだけでも十分楽しめるイベントを数多く盛り込んでいます。

客船によっては、屋上デッキで映画上映を行う船もありますから、若き頃を思い出して、二人でポップコーンをつまみながら、潮風に吹かれるのもいいですね。ダンスも最近は社交ダンスだけでなく、フィフティーズやビートルズをテーマにしたダンスフロアなども多く、自分の世代にあった遊び場が見つかることでしょう。


もはや客船=社交ダンスではなく、ディスコも年配のご夫婦で大盛り上がり!

もし語学的に不安がないようでしたら(パッケージのツアーなら語学ができなくても外国船でのクルーズが十分楽しめます)、ご夫婦の客船デビューは外国船をお勧めします。というのも、外国人乗客の方は、恥じらうことなく実に自然に、仲むつまじい夫婦の様子を見せてくれます。


金婚式のお祝で、思わずキスするご夫婦。外国船だと大胆になれる?!
90代のご夫婦が腕を組んであるいていたり、ディナーで金婚式を祝うケーキがくると、周囲に冷やかされながらもキスを交わしたり。まるで恋愛時代の延長のようなお熱いシーンやほのぼのした夫婦がたくさんいるので、恥ずかしがり屋の日本人でも照れずに二人の距離がぐんと近づくかもしれません。

次はさらにフォーマルナイトを楽しむ方法と知っていると安心な情報が!

堅苦しいタキシードも気がつけば、慣れてくる!


買ってもらった指輪をうれしそうにデッキで撮影していたご夫婦
1度フォーマルの夜を体験すれば、もうこちらのものです。タキシードも一度着ると意外に慣れるもの。2回目のフォーマルの時はもっと自然に着こなせるはずです。基本的に2回目のフォーマルは「ガラ・ナイト」などと呼ばれる、お祭り的な夜です。お別れパーティーがあったり、さまざまなイベントやショーが催されます。

女性も一回目で他の乗客のドレスアップ度がつかめたら、もうこっちのもの。自分らしさをアレンジできるようになると、フォーマルの日もぐんと面白くなります。

寄港地でクルーズの記念に宝石やアクセサリーをおねだりしてみてもいいですね。カリブ海クルーズで立ち寄る免税の島には、旦那さんから指輪などを買ってもらった幸せいっぱいの女性客があふれています。寄港地で手に入れた(?)ジュエリーを着けたり、クルーズエリアらしいアレンジをすれば、2回目のフォーマルはもっと楽しめます。


インフォーマルの日は女性もパンツスーツなどが目立つ
外国船では、自分らしいおしゃれを楽しんでこそのフォーマル。カジュアルな客船を選べば、フォーマルの回数も少ない上に、タキシード率も低いので、若干ラフなフォーマルでも大丈夫です。

インフォーマルは男性はジャケットにタイ、女性はワンピースやスーツ。ちょっぴりかしこまってフレンチレストランに行くくらいのイメージです。またカジュアルの日は短パンやTシャツなどでなければ、基本的にカジュアルな服装で大丈夫ですが、できれば日中とは着替えて、ちょっとパリッとしていくと、気分的にも張りが出ます。

二人の晴れ舞台は、早めの申し込みが大事。日本船ならぜひ来年の花火クルーズへ!


イベントで盛り上がる船内。日本船なら花火クルーズやお祭りクルーズがお勧め!
クルーズの場合、他の旅行より予約が早いので、思い立ったらすぐお出かけ!というわけにはいきませんが、外国船で行くクルーズなら冬はカリブ海やメキシコ西海岸、春からアラスカ、地中海、エーゲ海、夏は北欧、バルト海など、シーズンで行けるエリアがたくさんあります。半年先くらいを年頭において、計画を進めてみてはいかがでしょう。

また、日本船が夏に行う2?7泊の、花火大会クルーズ、東北三大祭りクルーズ、阿波踊りクルーズ、日本一周クルーズも自宅の近くの港から乗り込めるので、気楽です。ただし、日本船は人気が高いので、各社のスケジュールが発表されると同時に申し込むのがコツ。8カ月?半年前に旅行会社に相談しておくといいですね。

日本船の夏クルーズなら、屋外デッキで浴衣祭りの日があったり、通常のフォーマルナイトがあったり、短いながらもいろんなシーンが気軽に楽しめます。ちなみに浴衣はドレスコードのカジュアルにも該当しないことがあるので、フォーマルやインフォーマルを着物で楽しみたい時は各船会社に確認してみましょう。

< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ