クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > クルーズのマナー > ドレスコード【インフォーマル編】

これで安心 ドレスコード インフォーマル編

一体、インフォーマルってどんな意味?


男性はスーツと女性はちょっとかしこまったワンピースが定番
ラフな格好で構わない「カジュアル」や、正装である「フォーマル」はわかっても、その中間の「インフォーマル」はちょっとイメージが湧きにくいかもしれません。


まさにインフォーマルのお手本のようなご夫婦。プリンセス・クルーズの客船でのインフォーマル・ナイト

日本語に訳せば、「インフォーマル」は、形式張らない、正式でないという意味。服装の場合は、略礼装と呼ばれるものです。夜であれば、男性なら紺やグレーのダークスーツにネクタイ。女性はドレッシーなワンピースや、スーツ、ブラウスとスカートなどが当てはまります。

正装でないため、自由度も高くなりますが、「盛装」ではあるので、気は抜けません。乗っている客船を快適に楽しむには、その客船のグレードやドレスアップ度を知っておくのがベストです。

あなたの乗る船のグレードは?


クイーン・メリー2のディナーはインフォーマルでもドレス度がぐっとアップ
ここにある左右の写真はすべて「インフォーマル」の夜の写真です。かなりドレスアップ度が違うのがおわかりいただけるかと思います。というのも、客船のグレード(「スタンダード(またはカジュアル)」「プレミアム」「ラグジャリー」など)によって、スタイルはかなり違ってくるのです。


カジュアル客船でのインフォーマル。ラフなパンツスーツで十分!
カジュアル船と呼ばれるスタンダードタイプの客船であれば、男性ならシャツとジャケット、またはジャケットなしのシャツだけでも大丈夫です。女性も綿のワンピースやカジュアルなスーツなどでも十分です。張り切ってスーツとタキシードを持っていったけど、スーツ1着で十分だった……なんてこともよくあります。


プレミアム客船でのインフォーマル。やはりスーツとワンピースがきっちり
「プレミアム客船」ならば、男性はやはりスーツやダークスーツ、女性もおしゃれなレストランに行くくらいのドレスアップをしていく方が無難です。ただ、同じプレミアム客船でも航海するエリアによってドレスアップ度が少し違います。カリブ海なら若干カジュアル、地中海ならドレッシーに……と使い分けてもいいですね。

ラグジャリーな客船なら、それなりの服装を


クイーン・メリー2のディナーはインフォーマルでもドレス度がぐっとアップ
気になるのが、ラグジャリー客船です。フォーマルほど華やかではないので、服の「上質さ」が際立ってくるのが、実はこの「インフォーマル」なのです。仕立てのよさやドレスの生地のクオリティー、ジュエリーの上品さなど、できれば本物志向で勝負したいところです。

私もカジュアル客船では「フォーマル」として着ているドレスを、ラグジャリー客船では、「インフォーマル」として着ます。また、アクセサリーも「フォーマル」の時はドレスに合った少々派手めなものにしますが、「インフォーマル」は祖母や母から譲り受けたアンティークの本物ジュエリーを着けます。


女性にとってインフォーマルは民族衣装やお気に入りの個性的なドレスが着られるよいチャンス
女性の方であれこれ考えるのは苦手……という方は簡単な訪問着でもいいですね。小紋や紬でも十分、「インフォーマル」として着ることができます。

少々難しい「インフォーマル」ではありますが、周囲の乗客の服装と、自分が持参した服装が違っても、とくに問題にはなりません。客船のグレード、自分の好み、荷物の量を考えつつも、「着ていて、楽しい」と思えるのが一番大切なことです。

「せっかくの機会」と思って、ドレスアップを積極的に楽しんでみませんか。



< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ