クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > クルーズのマナー > ドレスコード【カジュアル編】

これで安心!ドレスコード カジュアル編

客船の多くは、夕方から寝るまで、その日のドレスコードが決められています。「カジュアル」「インフォーマル」「フォーマル」と3つのドレスコードのうち、今回はカジュアルについてご説明します。実際にいろんな船の乗客の方のファッションを見て行けば、なんとなくイメージがつかめるかもしれません。

寄港地や日中のデッキなら、動きやすくて快適な服を


カジュアル客船のロイヤル・カリビアン・インターナショナルでは日中デッキではこんな自由な服装で過ごせます
「カジュアル」のドレスコードは、乗船した日や下船する前日(荷物をパッキングしてしまうため)、また寄港地のある日に多く設定されます。

これは初日や寄港地で疲れて帰ってきた乗客にあまり負担をかけないように……という船側の配慮です。基本的には日中に船内や寄港地で過ごしているようなラフな格好で大丈夫。


プレミアム客船のホーランド・アメリカの客船でも日中はこんなにラフな格好。パレオやアロハなどクルーズのエリアに合わせて楽しむのもいい
寄港地や船内では動きやすく、暑さや寒さをしのげる快適な服装をお勧めします。ただ、その日のドレスコードが「カジュアル」だからと言って、そのままディナーの席へ向かうのはできれば避けたいところです。

寄港地から帰ってきてすぐディナーが始まる時やちょっと疲れてしまった時、私も思わずダイニングに直行してしまうことがありますが、ここはあえて「船の上」ということを意識して、一息おいてから食事に行きたいもの。もちろん、時間に遅れることはできませんが……。

次は、「カジュアル」の日でも気をつけるべきことを紹介します。

デイナー前には日中の服装から着替えて、さっぱりと


カジュアル客船ロイヤル・カリビアンの「カジュアル」の日はみんな実にラフな服装
寄港地での散策や船上デッキで過ごしたあとのディナー。ちょっと疲れ気味でも、できればシャワーなどを浴びて、着替えることをお勧めします。翌日の日中に着る予定の服でも構いません。

2時間近くかかるディナーは社交の場でもあります。汗をかいたままだと失礼にあたる場合もあります。シャワーを浴びる余裕がなくとも、汗を拭いて、身なりを整えて行きましょう。食事の時に香水はできる限り避けたほうがよいですが、女性ならばアクセサリーやストールなどでちょっと変化をつけるのもいいですね。


同じカジュアル客船という分類でも乗客の年齢も若干高いプリンセス・クルーズでは若干ドレスアップ
「スタンダード」または「カジュアル」と区分けされる客船では、どんな格好でも特に細かいことは言われませんが、それでも短パン、Tシャツ、ビーチサンダルは避けたいもの。男性なら、襟のついたシャツにスニーカー、女性なら簡単なワンピースなどがよいでしょう。






次は、乗る船のカテゴリー(区分)によっても随分違う「カジュアル」事情をご紹介。

高級船なら、カジュアルのときもジャケットを

「プレミアム」「ラグジャリー」に区分けされる客船では、ドレスコードがカジュアルでも、皆さんさすがにおしゃれです。男性はジャケットを羽織ったり、女性の服装もカジュアルであっても質のよい生地やデザインがよいものを着ているのがわかります。

プレミアム客船ホーランド・アメリカだと、ジャケットを着る男性も多い
「フォーマル」では誰もがおしゃれをするので気になりませんが、「カジュアル」の日だからこそ、意外に差がでます。自分が乗る船がどの区分なのか、どんな船なのかを、乗船前に確認して、それらしい服装を準備するのが、快適なクルーズライフを送るコツとも言えます。

外国船なら日本らしい生地を使ったものやちょっとした思い入れのあるアクセサリーなどをつけることで、テーブルメイトとの話題も広がります。ラフな日だからこそ、気軽に会話も弾むかもしれません。そんなムードもぜひ楽しんでください。


< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ