クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > 自分にあった客船探し > 日本で一番有名な外国船クイーン・エリザベス

日本で一番有名な外国船クイーン・エリザベス

横浜港に駆け付けた多くの見学者


3代目「クイーン・エリザベス」の日本初寄港!
2014年3月17日、横浜港に向かう最寄りの駅で降りると、すごい人がたくさんいます。なんだろう? と思いながら、歩くと、人はどんどん増えていきます。いつもはガランとしている横浜大さん橋国際客船ターミナルがすごい人です。それも平日で、老若男女。

知り合いに聞けば、引き潮に合わせて前日の夜中にベイブリッジをくぐって「クイーン・エリザベス」が横浜港に入ってきた時も、夜11時くらいなのにすごい人で、港の駐車場に入れた車を出すのに30分もかかったとか、徹夜組もいたとか、横浜市が募集した定員70人の船内見学会には7000人近くの応募があったなど、すごい話が飛び交っています。


「クイーン・エリザベス」の船内には、命名者エリザベス女王の肖像画や銅像が
2010年10月に、3代目の「クイーン・エリザベス」が就航し、待ちに待った日本来航です。この船もエリザベス女王がゴッドマザーとして、就航時にネーミングセレモニーを行いましたが、2代目の「クイーン・エリザベス2」も同様です。

「クイーン・エリザベス」という船が日本でこれだけ有名なのは、先代の「クイーン・エリザベス2」が1989年の横浜博覧会開催に合せて、ホテルシップとして約2か月間横浜港 停泊したりした間に、食事のために着飾って同船を訪れたりし、「英国女王の名前を冠した豪華な客船」というイメージを日本人に強く印象づけたからでしょう。

外観とイメージが違うウッディな内装


階段が入り組んで柔らかな印象を与える、クイーン・エリザベスのアトリウム
さて、「クイーン・エリザベス」(9万9000トン/2010年就航/乗客定員2068人/乗組員数1005人)の中を紹介しましょう。同船を擁するキュナード・ラインは、現在3隻を擁していますが、「クイーン・エリザベス」は「クイーン・ヴィクトリア」と準姉妹船になっています(「クイーン・メリー2」のみが15万トンサイズで構造なども違います)。

「クイーン・エリザベス」に入ってすぐ印象的なのが、船中央のアトリウム。エレガントなアールデコが船全体のイメージで、このアトリウムにはなだらかな曲線の階段が交差していて、周囲には人々が集まる施設が多く位置します。


タキシードやドレスに身を包んだフォーマルの日のダンスフロアは本当に映画のよう!
同船には、英国らしい、またキュナードらしい施設が多くあります。一つは吹き抜けのボールルーム「クイーンズ・ルーム」。高い天井、そしてきらめくシャンデリアの下で、紳士淑女が優雅にダンスをする姿は本当にうっとりします。お昼はダンス教室やアフタヌーンティーの会場になります。


6000冊の蔵書を持つ2フロア吹き抜けのライブラリー
そして、ライブラリー。キュナード・ラインはもともとヨーロッパの国々とアメリカを結ぶオーシャンライナーで、航行中は読書をする英国人が多くいます。ここのライブラリーはなんと2階建て。らせん階段で結ばれる2フロアのライブラリーには6000冊の蔵書が。日本語の本も少しあります。




憧れのボックス席も予約すれば利用できます。
「ロイヤル・コート・シアター」は、他の船にもショーを観る劇場としてありますが、ここの特長はなんといっても、劇場の両側の高いところにあるボックス席。カップルで、55ドル、チョコレートとシャンパン付きで利用できます。


エリザベス女王が座られたという「ロイヤルシート」に著者も座ってみました。


エリザベス女王が乗船されたときに座られという席(ロイヤルシート!)に座らせてもらいました。もちろん、ボックス席以外は無料で、毎晩いろんなショーやコンサートが観られます。



「ガーデン・ラウンジ」は温室のような快適さ。寒い日も読書やおしゃべりにぴったりの場所

もう一つ、「ガーデン・ラウンジ」は初代クイーン・エリザベスから名前を引き継いだラウンジで、ガラス天井の下、椰子の木など多くのグリーンが配置され、温室のような空間。やわらかな太陽の光の中で、のんびりと音楽演奏を聴いたり、読書などに最適です。

客船の中でイギリスを旅する


ビッグベンの時計を手掛けた時計店が作ったという時計台の周辺にロイヤル・アーケードがある。もちろんカジノも!
「クイーン・エリザベス」は今回は世界一周の途中で日本寄港をしていますが、1週間弱から、ひと月上のミドルクルーズまで、世界じゅうのいろんなエリアに就航しています。乗客はエリアにもよりますが、英国人、米国人を主に、この船に憧れるさまざまな国の人々。どんな場所をクルーズしていても、英国人がほっとするような施設が多くあります。



貴重な海運やキュナードの歴史などの本やポストカードが並ぶブックショップ
「ロイヤル・アーケード」はショッピングエリアですが、ファントム・メイソンなど、英国ならではのお店やグッズが販売されています。書店もあり、船や客船、キュナードにまつわる本やポストカードなどが充実しています。




お昼も夜も人がいっぱいの英国パブ「レッド・ライオン・パブ」。ラガーやパブランチも気軽に食べられます。


うれしいのは、「レッド・ライオン・パブ」。英国風パブで、ビールにフィッシュ&チップスやパブランチが食べられるので、昼も夜も自然と人が集まります。




アートギャラリーだけでなく、キュナードの歴史的な写真が展示されているエリアも必見!
他にも「キュナーディア・ギャラリー」、「キュナーダーズ・ギャラリー」など、キュナードの歴史、歴代のキュナードで使っていたもの、キュナードで旅をした王室、貴族、往年の著名人たちの写真などが観られる“キュナードの博物館”的な場所もあります。



シガーを愛したチャーチル首相の名を付けたシガーラウンジ。当時の貴重な写真も見られます
夜は海洋をテーマにした眺めのよい船首のバーラウンジ「コモドアー・クラブ」や、葉巻を愛した首相の名を取った「チャーチルズ・シガー・ラウンジ」でシガーをくゆらすのもいいですね。

客室のカテゴリーでレストランが違う階級制


「クイーンズ・グリル」「プリンセス・グリル」の乗客のみ使えるのが、「ザ・グリル・ラウンジ」と「ザ・コートヤード」(屋外)、そして各「グリル」レストラン
キュナードの船が他の客船と違って、守り続けているのが、客室のカテゴリーによって利用できるレストランが違う階級制です。「クイーンズ・グリル」「プリンセス・グリル」「ブリタニア・クラブ」「ブリタニア・レストラン」の4タイプがあります。


クイーンズ・グリルやプリンセス・グリルですと、客室もグレードが高く、専用ラウンジ、専用レストランを利用することができます。王室や著名人が乗船していて、ある程度、乗客の差別化をしないといけなかった当時の名残りでしょうが、やはり高級客室では、細やかなサービスや食事も1回制でいろんなリクエストができます。


「グリル・クラス」以外の乗客が使う「ブリタニア・レストラン」。2層になっており、華やか!

とはいえ、乗客の8割が「ブリタニア・レストラン」の乗客なので肩身が狭い思いをすることはそうありません。ブリタニアの客室も、バルコニー付きから内側客室まで幅広く選べます。また、こじんまりとしたグリル・クラスのレストランよりも、壮大な吹き抜けの「ブリタニア・レストラン」を好む人もいます。



バルコニー付きの客室。「ブリタニア・レストラン」でもバルコニー付きから内側まで客室タイプはそれぞれ。
このように、キュナードでは「ラグジュアリー客船」「プレミアム客船」「スタンダード客船」の3タイプが1つの船に入っているような不思議な船です。ただ、レストラン以外は、どの施設も平等に使うことができます。ですから、自分の予算や受けたいサービスに合わせてクラスを選ぶようにしましょう。


「クイーン・エリザベス2」のイメージが残るスパ。ジムやバー、プールなど他にも施設は多く、誰でも使える
「クイーン・ヴィクトリア」も姉妹船で内装も似ていて、カテゴリー分けもほぼ同じ。「クイーン・メリー2」だけが船の造りが完全に違います。今、日本人に人気なのは、やはり「クイーン・エリザベス」とのこと。世界一周、ロングクルーズ、2週間くらいのクルーズなど、3隻はいろんな航路をめぐっているので、いろんな選び方ができそうです。



写真はシドニーでの「クイーン・メリー2」と「クイーン・エリザベス」のランデブー。2015年の春には3隻の女王が英国サウサンプトンの港に揃い、175周年を祝う!
来年の2015年はキュナード設立175年という記念の年。3隻の女王がそれぞれ違う航路で世界一周クルーズに出発し、最後は同時に英国のサウサンプトンの港に戻ってくるという大イベントが行われます。「クイーン・エリザベス」は世界一周の途上で、来年も日本寄港しますので、日本からサザンプトンまでの世界半周もいいかもしれません。内側客室なら横浜〜サウザンプトンの約50日のクルーズが約93万円(政府関連税含む)〜。キュナード=夢のような高い船と思いがちですが、基本的にはさまざまな料金の客室があるので、お得にキュナードの船旅は楽しめるのです。

【関連リンク】

< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ