クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > レストラン船&屋形船 > 大人のおしゃれな遊び場東京湾レストラン船

大人のおしゃれな遊び場東京湾レストラン船

大切な日こそ、通常のレストランでなく、レストラン船を選びたいその理由とは?!

夜景&海風も味方につければ、東京一ロマンティックなレストランに!
大切な人のお誕生日、または二人の大事な記念日。どうやって祝おうかと悩んだときは、レストラン船の出番です。その理由はいくつもあります!

まず、ゆったりとした時間の中でお食事が楽しめます。そして、食後、バーなどを探して移動せずとも、そのまま屋外のデッキに上がれば、最高の夜景も楽しめるので、食事+αで、満足度UP。

もちろん、これだけではありません。気むずかしい相手でも「レストラン船に乗らない?」という意外な誘いに不意をつかれ、興味を持ってくれることでしょう。さらには、「一緒に特別な時間と特別な空間を体験した」ということが二人の絆を深めることができるのです。

シンフォニーの東京湾ディナークルーズなら選べるコースの種類が多い!

気持ち高ぶるエントランス
シンフォニーのクルーズは、JR山手線「浜松町駅」から徒歩約12分(または新橋駅から出ている新交通「ゆりかもめ」で3つ目の「日の出駅」から徒歩1分)の日の出ふ頭から出発です。

シンフォニー乗り場と書かれたビルを入っていくと、待合室やチケットショップがあるので、まずそこで、一息。ディナー・クルーズは19時からなので、30分前にここに到着しておくと安心です。

船の前で記念撮影!
案内に従って、停泊した「シンフォニー・モナ」(2,618トン/乗客定員600人)に乗船します。余裕があったら、ちょっと船の先端まで行って、船体と一緒に記念撮影もいいですね。船へのタラップを上ると、ホテルのようなレセプションが見えてきます。ここで大きな荷物を預けて、レストランへ。

お料理は前もって予約をしておきましょう。シンフォニーでは、フレンチ、イタリアン、ビュッフェと3タイプのお料理があります。フレンチに至っては、「ディナーSセット 21,000円」「ディナーAセット 17,000円」「シェフのお勧めコース 14,000円」「和風膳 15,000円」「シンフォニースペシャル お魚料理 12,000円」「シンフォニースペシャル 12,000」となんと6つのコースから選べます。

コースの場合はここ「フォーシーズン」という名前のお部屋でお料理をいただく
「お肉は苦手なので」「お箸で気軽に食べられるほうがいいので」などの好み、また予算に合わせて、決められるのがいいですね。ちなみにイタリアンは10,000円。8月末までは“イタリア南部のグルメ”というテーマのイタリアンが楽しめます。

また、ビュッフェはフレンチやイタリアンとは違う専用のお部屋でいただきます。大人が8,000円、子供(6歳以上?12歳未満)6,400円。家族でわいわいという時にはビュッフェもいいですね。ちなみにこちらも季節に合わせてテーマがあり、8月末までは“ハワイアン”! ハワイのお料理をお好きなだけどうぞ。

いよいよ出航!盛り付けも味も◎なフレンチのコース

丁寧なサービスでコースがスタート
オリジナルワイン
静かに船が出航します。ドリンクをオーダーして、乾杯しているとレストランのカーテンが上がっていきます。夕焼けが夜景に変わっていくなか、ピアノの生演奏を聴きながら、お料理が始まります。 いただいたのは、フレンチの「ディナーAセット」。フレンチのSセットとAセットは8月末まで“南仏プロバンスへの誘い+佐賀牛”がテーマ。さて、どんなお食事で出てくるのでしょうか。その前に、せっかくなので「シンフォニー」という名のオリジナルワインで乾杯です。


プレゼンテーションも美しいサラダ
新鮮なお魚料理
まずは前菜に「グリルした天然鮑と新鮮な夏野菜のサラダ仕立て」。野菜だけでもフレッシュでおいしいのに、天然鮑とは贅沢です。トリュフも乗っていて、香りも豊か。

次はお魚で「築地市場より届いた、海の幸の冷たいブイヤベース」です。南仏といえば、やはり、ブイヤベース。冷製ブイヤベースなんて珍しいな……と思っていたら、スープがゼリー状になっていて、お魚や添えたお野菜と一緒に食べやすく、味もよく絡み合います。


お口直しの「季節のグラニテ」をいただいている頃には、すでに外はもう夜景モード。羽田空港を離陸した飛行機がよく見えます。「あ、また1機飛んでいった」と会話も弾みます。ウエイターさんもとても親切で、「この先に見えるのが、舞浜のディズニーランドですよ」と説明しにきてくれたりします。

ヘビーでなく、日本人も食べやすいメイン
いろんな種類がうれしいデザートのプレート
いよいよ、メインの「栄冠和牛“佐賀牛”ロースの蒸し煮、ラベンダーの香りのソースで」が運ばれてきました。柔らかくお肉の風味もしっかりとした佐賀牛が、ステーキでなく蒸し煮というところはポイントが高いです。中にはお野菜が包まれていて、ラベンダーの香りのソースとよく合います。
本格フレンチというよりも、季節や窓から見える景色、ワインなどとほどよいバランスでいただけるお料理に好印象です。どれも食べやすいので、会話も十分に楽しめます。

最後は「旬のフルーツを使った本日のデザート」。こちらはジェラートにソルベ、ティラミスにフルーツ、さらにはマカロンまで添えられたアソート! 女性にはたまりません……。

レストラン船の醍醐味は「船で料理」でなくお料理+素晴らしい景色の相乗効果

雰囲気のあるバー
お食事をいただいていた「フォーシーズン」から2フロア分階段を上ると、バー&ラウンジが。そういえば、ディナー・クルーズでは、このバーでいただける、「バーラウンジ オーシャンズ」という7,000円のコースもありました。季節のオードブルやワインがセットになっていて、“コース料理よりもお酒が好き”というカップルにはこちらもお勧めです。

思わす見とれる東京湾の夜景!
外のデッキに出ると、目の前には東京湾の夜景が広がります。お台場、レインボーブリッジ、そしてその奥には東京タワーと都内の高層ビル群。風を感じながらほどよいスピードで進む船。記念撮影するカップルやただ黙って夜景を見つめるご夫婦など、皆一様に東京湾の夜景マジックに酔っているようです。

お台場が近くなってきたと思えば、次はライトアップされたレインボーブリッジをくぐります。橋の大きさと美しさ、そしてその下をくぐるエキサイトな瞬間! これは思い出に残ります。

ベイブリッジの下をくぐる!
そして東京の高層ビル群。ガイドは何度となく東京湾の取材や客船で入出港を体験していますが、数年前とは景色ががらりと変わっています。汐留の新しいビル群や湾岸沿いの高層マンションからの光が東京湾の夜景にまたひと味違う美しさを加えているのです。

ディナー込みで17,000円はちょっと奮発しないと厳しいかなと思っていましたが、お食事とこの夜景、そしてこの時間と空間であれば、納得です。気持ちがリフレッシュし、豊かになっていることに気がつきました。

東京タワーや街の夜景が近づき、船は日の出ふ頭に到着。夜空を見上げながら、「下りたくないな」と思う方も多いはずです。

こんなウラ活用法も?! もっと上手に利用したいレストラン船

貴賓室と呼ばれる、特別室「エロイカ」のソファエリア。角の丸いガラスから180度海が見える!
般的なディナー・クルーズを紹介しましたが、シンフォニーではいろんなウラ技が使えそうです。いくつかダイジェストでこっそりお伝えしましょう。

もし予算があまりない場合は、お食事なしの「クルージング・チケット」を利用する。これならランチ&サンセット・クルーズが3,000円、アフタヌーンは1,500円、ディナー・クルーズは3,000円。お食事は外で早めに済ませるか、下りたあとで。または、船内のバーで軽くドリンクや軽い食事をいただくのもいいですね。


屋上デッキにある記念撮影のスポット

または、サプライズ・クルーズもお勧めです。特別な日でなくても、普通のデートのふりをして、日の出ふ頭まで。「今日はここのレストランを予約したんだ」と言えば、感激度UPですよね。当日でも空きがあれば、利用できるので、ぜひ活用してみては。


充実のショップ。記念のお土産を見つけよう!
さらには、日頃の感謝やプレゼントとして、クルーズ券をプレゼントするというのもいいですね。食事に誘うと遠慮するという方にも、ギフト券であれば、贈りやすく誘いやすいかもしれません。父の日や母の日に両親へ、またはお中元などにもちょっとおしゃれなギフトになると思います。



細かいですが、シンフォニーで見逃せないのが、充実した船内ショップです。何かプレゼントをあげたいけれど、選べないという方や二人で乗船した思い出を残したい……という方はぜひここでお買い物を。素敵なアクセサリーからロゴグッズまで揃っています。

長いダイニングテーブルに向かいあって二人で食事することも!
また、記念日のためのワインや誕生日ケーキ、記念写真セットなど、オプションで申し込めるセットがありますので、プラスのサービスを利用するのもお勧めです。

そして、極めつけは! 特別室「エロイカ」の貸し切り。マホガニーを使ったラグジュアリーな空間の個室です。本来ならば、定員は6?14名ですが、2名だけでも10万円で貸し切ることができます。

こんなに広いバルコニーも貸切!
落ち着いたソファのスペース、貴族の邸宅での晩餐会を思わせる長テーブル、そしてこの特別室の利用者だけが使える専用の船尾デッキ。テーブルと椅子も置かれ、船が作る波形を眺めながら、ロマンティックに食前食後のドリンクを楽しめます。

実際にここを貸し切ってプロポーズするカップルもかなりいるとか。プロポーズでなくとも、銀婚式や特別な日を、東京湾で一番贅沢にお祝いするというのは素敵ですよね。もちろん、家族や親しい友人でパーティーなどにもぴったりです。

大人の社交場として、もっと活用したいシンフォニーの船上!

今回はディナー・クルーズをバーチャル体験風に紹介しましたが、シンフォニー・クルーズでは、ランチ・クルーズ、アフタヌーン・クルーズ、サンセット・クルーズもあります。東京湾は昼と夜で景色もまったく違います。お昼は大切な友人とのんびりランチを楽しんだり、アフタヌーン・クルーズでお茶をいただきながら、お昼の東京湾を満喫するのもいいですね。
シンフォニーのクルーズは「大人のちょっと特別な遊び場」というイメージです。誕生日や記念日はもちろん、“非日常な時間と空間”を楽しむために乗るというのもいいですね。「季節でお料理が変わるので、つい乗船してしまいます」という方も多いのも納得です。

“キメ”レストランから、リフレッシュ、美食まで、自分なりの上手な利用法を見つけて、ぜひ活用してみてください!

< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ