クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > クルーズの基本 > どっちがお得? パックツアーVS個人旅行

どっちがお得? パックツアーVS個人旅行

パックツアーと個人旅行の違いは?

国によっては、パッケージツアーで参加している乗客も意外にいるのがクルーズ
■パックツアーって?

広告やパンフレットで見かける、外国船による海外クルーズは、ほとんどの場合、旅行会社が主催するパックツアーです。催行人数が決まっており、参加者数が達すればツアーが催行される、いわゆる団体旅行です。

このツアーには、クルーズ代金、往復航空券、港までの移動費、乗船前や後に宿泊が必要な場合はホテル代などが含まれています。

さらに「添乗員同行」「寄港地での日本語ツアー付き」などと明記されている場合は、添乗員や現地係員の人件費、寄港地ツアー代が含まれています。

陸の旅と違うのは、避難訓練などクルーズならではの習慣やイベントがあること
■個人旅行って?

個人のクルーズ旅行を扱っている旅行会社から、クルーズだけを購入し、航空券やホテル、港までの移動などを自分で手配するのが個人旅行です(FITと呼ばれます)。

クルーズを販売している旅行代理店が航空券などを一緒に手配してくれることもありますが、基本的にプランニングは自分自身で行います。

それぞれのメリット&デメリット そしてどんな人が向いている?

添乗員や日本人コーディネーターが乗船していれば、船内新聞も日本語版
まず、それぞれのメリットとデメリットを挙げてみましょう。

■パッケージツアーのメリット&デメリット

パッケージツアーのよいところは、すべての手配をやってもらえること。移動はもとより、船上でも添乗員が船内新聞や食事のメニューを日本語に訳してくれます。

船旅が初めてでクルーズのシステムが分らない方や語学に不安がある方にお勧めです。

デメリットは、希望の船や希望の日程がすべてツアーとして販売されていないこと。希望のツアーがあっても、催行人数に達しなければ、ツアーがキャンセルという場合もあります。

■個人旅行のメリット&デメリット

一方、個人旅行のよさは、やはり自由さ。好きな時に好きな船へ。クルーズの前後に別の街に足を延ばして延泊したり、クルーズだけでなく、その前後もアレンジできます。

デメリットは何でも自分でやらなければいけないこと。空港やホテルから港への移動をどうするか。飛行機が遅延した時はどうするか。船の上でも、船内新聞を読んだり、重要な船内放送を聞きとれる語学力(基本的に英語)が必要になります。

ですから、クルーズ体験がある方や語学に自信がある方にお勧めです。

金額的にはどっちがお得?

パッケージツアーだと、寄港地ツアーも添乗員さんが通訳やガイドをしてくれる
例えば、同じ船の同じ1週間のクルーズをパッケージツアーと個人旅行で比べた場合、どちらかというと、パッケージツアーのほうが高い印象があります。

というのも、パッケージツアーには、添乗員の人件費や日本語の寄港地ツアー代などが含まれているためです。

ただ、パッケージツアーがすべて高いというわけではありません。なぜなら、クルーズの客室や航空機の座席を大量に安く仕入れることによって、全体のコストを抑えることができるからです。

個人旅行の場合は、手頃な料金の飛行機やホテルを使ったり、船会社が無料で出している空港やホテル?港までのシャトルバスを利用するなど、いろんな工夫をすることにより、さらに安く抑えることができます。

また最近は船会社がインターネットで、個人向けに特別料金クルーズを発売したりもするので、細やかにチェックしておくとクルーズ代金を抑えられることもあります。

同じクルーズで比較してみましょう!

気楽なのは個人旅行? それとも?
時間があれば、同じクルーズをパッケージツアーと、個人旅行のそれぞれで見積もってみるのもいいかもしれません。

クルーズの場合は同じ客船でも客室のカテゴリーによってかなり料金が違うので、自分の希望する同一のカテゴリーで、パッケージツアーと個人旅行の比較をするようにしましょう。

また飛行機や船の燃料サーチャージ、ポートチャージと呼ばれる港湾税が料金に含まれているかも、比較の時に気をつけたいところです。空港から港までの移動は、パッケージツアーでは料金に含まれていますが、個人の場合はタクシーを使うことが多くなります。その点なども含めて概算を出してみると、いいですね。

高いパッケージツアーはやっぱりサービスがいい?

パッケージツアーだと通常は8人くらいずつ同じテーブルを囲むことに
客船に乗ってしまえば、基本的なサービスは船会社が行います。ですので、高いパッケージツアーでも、個人で申し込んだ客室でもサービスの質は同じ。船に乗るまで、また下りてからの手厚さをどの程度必要とするのかも、選ぶ時の基準かもしれません。

また、「団体行動は好きじゃないからツアーはどうも……」という方もいるかと思いますが、客船の上では、自由行動が基本です。同じツアーのメンバーが揃うのは、夕食時くらい。

メニューのオーダーのために大きめのテーブルを皆で囲むことがありますが、最近は席の決まったダイニング以外にも、ビュッフェ式レストラン、ピッツェリア、有料の特別レストランなどがあります。

パッケージツアーだけど、個人旅行風にもなる!

希望を出せば2人席を頼むことも可能(席に限りがあるので、早めに!が重要)
前もって、「結婚記念日の旅行なので2人席を希望します」とリクエストしたり、「今日は特別レストランに行くので」と別のレストランを利用することもできます。

寄港地ツアーも旅行会社の日本語ツアーでなく、船主催のツアー(ただし、別料金がかかります)に参加したり、ツアーに参加せずにぶらりと街歩きもできます。

ですから、初めてのクルーズの場合は、パッケージツアー=団体旅行と心配することなく、気軽に参加してみてもいいでしょう。

< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ