クルーズ旅行の基本から、エリア&客船選び、乗船までの流れ、船や寄港地の楽しみ方まで解説!

  • インデックス
  • クルーズの基本
  • エリア&時期
  • 自分にあった客船探し
  • クルーズのマナー
  • クルーズを楽しむコツ
  • 世界一周&リバー&探検
  • お得に乗る方法
  • レストラン船&屋形船
  • 客船会社紹介
  • 旅行会社一覧
  • 関連の番組やお役立ち本
  • クルーズさっくり一問一答
  • クルーズレポート&よもやま話
TOP > クルーズにお得に乗る方法 > お得なクルーズは早めの予約が大切!

お得なクルーズは早めの予約が大切!

クルーズの予定、いつ立てていますか?


飛鳥Uの50日間のクルーズの場合。早期全額支払割引を使うと25〜220万円お得になる!日本船も外国船も長いクルーズは早期割引が絶対お得!
みなさんはどのくらいから旅行の予定を立てますか。1年先の予約を入れる人もいれば、キャンセル待ちを狙ってギリギリに予定を立てる方もいるかもしれません。

クルーズの場合は「早めの予約」がかなり重要です。 まず日本船の場合、世界一周以外はクルーズコースの発表は約6〜10カ月前から。日本船は小型、中型船で、客室数が少ないため、花火やお祭りなどの人気のクルーズはあっという間に売り切れます。さらに長めで料金が高いクルーズの場合、早期割引や早期全額割引などがあり、このシステムを利用すると、かなりお得になります。


コスタ・クルーズの「pront price」は早めに予約した限定人数の人は料金が安いだけでなく、船上でのさまさまな割引特典も!
そして外国船の場合、年間の休暇を1年以上前に決める国の人が大勢います。ですから、人気の船の人気コースは「1年前に予約を入れる」という場合も多くあります。もちろん、それだけではありません。多くのクルーズ会社では、クルーズ料金の早期割引や変動制などのシステムを取っています。早期割引はある一定期間より前に申し込むとクルーズ代金が安く申し込めます。変動制の場合、空いているクルーズは安くなり、混んでいるクルーズは高くなりますが、ギリギリに申し込むと高い金額設定であることが多くなります。ちなみに日本船でも長めの高額クルーズですと、早期割引があるのでやはり早めがお得です。

フライ&クルーズなら飛行機の料金にも注意!


カレンダーを見ながら、連休やお盆など飛行機の込み具合も考えつつ、早め早めの計画を! 
早めに予定を立てるのは、フライ&クルーズ、すなわち海外の港まで飛行機で行き、そこから乗船する時も重要です。お正月、ゴールデンウィーク、お盆など、休暇の時期が集中する日本発着の飛行機は、航空運賃もかなり高くなります。航空運賃も早割などを使って早めにお得なチケットを取ったり、あえて旅行自体を休暇のピーク時から避けて、混んでいない時期に設定すれば、飛行機代を抑えることができます。

クルーズは変動制での微妙な料金変動をのぞけば、そう大きく料金が変わることはありません。例えば、お正月やお盆はホテルの料金などがぐっと高くなりますが、クルーズの場合は意外に高くなりません。年末年始の海外旅行代金は、飛行機やホテル代が高いため、く付きますが、日本船の年末年始クルーズは通年のクルーズ代金とそう違いがないのでお得感が出てきます。外国船も夏休みのピーク時以外はそんなに差がないため、飛行機代さえ安く抑えられればかなりお得な旅になります。

パッケージツアーは催行に注意を

外国船による海外クルーズを、旅行会社のパッケージツアーで利用しようという場合は、「早い申し込み」だけが得策とはいえません。なぜなら、旅行会社の主催旅行であれば、最低催行人数というものがあり、催行されるかどうか、かなりギリギリにならないとわからないという場合もあります。休暇申請をして、クルーズを申し込んだものの、パッケージ旅行自体が催行されないということがあるからです。心配な場合は旅行会社の方に相談しながら、催行の可能性が高いものを聞きながらツアーを選んだり、まめに催行状況を確認するようにしましょう。

予定が自由に組めるなら“ラストミニッツ”という手も!


ラグジュアリー客船のシーボン・クルーズではインターネット上で各エリアのスペシャル・オファーを見ることができる
休暇が自由に取れる、予定が自分で決められるような方には「ディスカウントクルーズ」や「ラストミニッツ」のクルーズもお勧めです。クルーズ慣れしてきて、外国船のクルーズやホテル、飛行機の手配が自分でできる方向けですが、各クルーズ会社の英語のホームページや日本の、個人旅行を扱うクルーズ専門の旅行会社で見つけることができます。

海外の船会社のホームページには「Special Offer」などというくくりで、かなり間近で空きのあるクルーズを安めに売っていることがあります。メールアドレスを登録してお得クルーズが出た時にお知らせがくるシステムの場合もあります。どちらかというと、元が安いカジュアル客船よりプレミアム客船やラグジュアリー客船のほうが値引き感があります。


数は少ないが「ラストミニッツセール」を扱う日本の旅行代理店もある
日本のクルーズ専門の旅行会社ならクルーズネットワークなどが「直前割引」のサイトページを持っています。船の空きを調べてもらって、客室が取れるようだと、すぐ飛行機の手配などをしないといけないので、手早く動ける人向けです。

裏ワザはありますが、やはり早めの予約が一番確実。ただ、何か都合が悪くなった場合のことを考えて、クルーズ、飛行機、ホテルなど、キャンセル料がいつからかかるのかも同時に確認しておくようにしましょう。

< 前のページへ | 次のページへ > 

トップへ